子どもに伝えたい母の味と暮らしの知恵

【ひな祭り】ちらし寿司の作り方!料理初心者に親切なレシピ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

こんにちは。

今日は、娘のひな祭りをお祝いするために作ったちらし寿司のレシピを紹介します。

料理初心者でも作れるように、なるべく細かく説明していきます。

お料理上級者さんで、単純にレシピを知りたいだけの人にはおすすめできない記事かもしれません^^

 

この記事はこんな人におすすめです!

  • すし太郎に頼らず一からちらし寿司を作ってみたい!
  • ひな祭りやお祝いイベントなどの予定がある!
  • 料理のレパトリーを一つ増やしたい!

\では、さっそく!お料理初心者さんはついてきてくださ〜ぃ/

 

 

まずは【すし飯】を作ろう

紹介しているのは、料理上手な母から教わったレシピを自分なりにアレンジしたものです。

わりと甘めの味付けです。

母は、ミツカン酢40cc/砂糖60g/塩6g/味の素少々で作っています。

私はなるべく添加物を取らず自然のものを使いたくて、味の素は使わないのでお酢を少し多めにしています。

好みもあるから、レシピは参考までに味見しながら微調整してくださいね!

\この前行ったイタリアン料理教室の先生もレシピは参考までに、料理はつどつどの味見が大切って言ってたワン!/

 

【すし飯】材料

材料

・お米2合

【すし酢】

・米酢 50cc

・砂糖  60g

・塩 6g

 

【すし飯】作り方

1)お米を炊く

私はザルでお米をとぎますが、本当はボールでといだ方がお米が傷つかず美味しく炊き上がるそうです!

やってはいけないのは、炊飯器の釜でとぐこと!これは炊飯器の寿命が短くなるのでNGのようです!

米汁が真っ白になるまでとぐ必要はなく、2〜3回でOK

お米について詳しく知りたい人は、美味しいお米の炊き方を参考にしてください。

すし飯用のごはんを炊くときは、通常より水の量は少なめになります。

炊飯器で炊く場合は【すし飯】のメモリがあると思います。

我が家はここ8年ほど圧力鍋でごはんを炊いています。

1合に対して水の量は180ccです!

2)すし酢を作る

すし酢の材料を全て合わせて、かるく火にかけます。

砂糖が溶ければOK

グツグツ沸騰させると風味がとんでしまうので気をつけましょう!

3)ごはんとすし酢を合わせる

ごはんが炊き上がったら、すし桶に出します。

うちわで仰ぎながら、ごはんをひっくり返し、粗熱がとれたらすし酢を合わせます。

すし酢は一度に全部入れず、2〜3回に分けて入れましょう。

混ぜたら、ごはんが少しあたたかいうちにお皿や重箱によそっておくといいと思います!

かるくラップをして盛り付けまで常温で置いておきます。

お米の炊き上がり方によって、すし酢の量は若干前後することがあります。

今回私は、案内している量でバッチリでした!

【お酢の豆知識・選び方】

お酢は「お酒」から造られています。

穀物・果物・野菜・サトウキビ・いも類などが原料で、世界にはいろんな種類のお酢があります。

日本では、米や麦、酒粕などを原料にした酢が造られているそうです。

原料によって、酸味も味も違ってきますが、日本食には米酢が適しているそうで、私も米酢を使っています。

昔から酢と言えばミツカン酢のイメージが強かったですが、ミツカン酢は複数の穀物が混ざっています。

我が家は、夫婦ともにお酢のツンとした感じが苦手なので米だけで造られた純米酢を愛用しています。

コクがあり、まろやかな口当たりでおすすめです!

お酢を使った手軽な調味料がありますが、ああいったものには多くの場合、添加物が含まれているのでなるべく伝統的な調味料を使って家で手作りしています。

 

ちらし寿司の具を用意する!

 

錦糸卵

材料
・卵 2個
・塩 ふたつまみ
・砂糖 小さじ1〜2

材料を全部混ぜ、薄焼きたまごを作ります。なるべく焦がさないように両面火を通します。

全部焼きあがり、粗熱がとれたら重ねて細切りにします。

特にイベントごとではない場合、炒り卵にしてトッピングしてもOKなのでは^^

たまごの味付けは我が家は塩とお砂糖です。

卵1つに対して、小さじ1のお砂糖と塩ひとつまみのでとっても美味しく仕上がります。

今回のように具材として使う場合は気持ちお砂糖を少なめにしたりもします。

より美しく仕上げたい場合、溶いた卵を一度ザルでこすと混ざり合っていない白身の部分がなくなり見た目もより綺麗になります。

 

穴子の照り焼きを作る

冷凍の穴子を使いました。

穴子は解凍し、食べやすい大きさに切ります。

私は料理を始めた当初、食材の切り方にいつも悩んでいました。

\大きさや向きはどうしたらいいの?/

 

 

食材を切るときは、お皿にのっている状態をイメージすると切りやすいことに気づきました!

余談ですが、毎日の献立に悩んだりもっと時短できないかな? って悩んだりしますよね。

そんな人は、料理の完成図をイメージできるようになるとすんなり解決したりします。

料理サイトやインスタグラムなどで料理を調べるときに、切り方にフォーカスしてみると面白いかも!

また、食材によって美味しく食べられる切り方があるので別記事で紹介します。

材料

・穴子 1尾分

【合わせ調味料】
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1

穴子は食べやすい大きさに切ったら、フライパンに少量の油(分量外)をひき焼いていきます。

酒を加えます。

思い出しながらレシピを書いているといろんな疑問が出てきます。

調味料はさしすせその順番で入れるとよいと言われていますが、

\酒は食材がどんな状態のときに入れるといいんだろう?/

 

お酒には

  • 臭みを消す
  • 食材を柔らかくする
  • 風味や香りを引き立てる
  • コク・照りをだす

などの作用があるそうで、工程としては最初に入れてあげる方がいいようです!

今回の場合、穴子に完全に火が通る前がいいと思います!

穴子に火が通ったら、合わせ調味料を入れてこってりなるまで煮詰めていきます。

タレがとろっとして、照り・つやが出てきたら火を止めて完成です!

お皿にうつして、粗熱を取っておきましょう。

そのまま食べたくなるくらい美味しい穴子の照り焼きが出来上がります。

お刺身用サーモンを切る

サーモンは、軽く洗ってキッチンペーパーで水分を拭き取ります。

食べやすい大きさに切って冷蔵庫へ。

スライス、角切りなど完成形をイメージしてお好みの大きさに切って下さい。

 

野菜の飾り切り

材料

・人参 上の方を5㎝くらい
・れんこん 5㎝くらい
・きぬさや 4〜5個

【野菜を漬け込むためのすし酢】

・米酢 25cc

・砂糖  30g

・塩 3g

今回は、ひな祭り用だったので華やかにみせたくて人参とれんこんを飾り切りにしました。

下手くそだけど、少しだけ華やかになったはず!

人参とれんこんは輪切りにする。

飾り切りの様子は動画の中で確認してください。

私は飾り切りができるようになると普段の食卓もちょっとだけ可愛くなるかなとおもい、ただいま練習中です!

練習の様子も今度動画でアップしますね。

お花のクッキー型があると初心者でもわりとチャレンジしやすいと思います^^

れんこんは、変色しやすいので酢水につけます。(水に少しだけ分量外のお酢をいれたもの。)

きぬさやもスジをとり半分に斜めに切ります。

飾り切りが終わったら、沸騰したお湯で2〜3分茹でます。

茹でている間に、野菜を漬け込むすし酢を作ります。(これ、最初に作っていた方が効率いいでしょうね!)

野菜が好みの硬さに茹で上がったら、すし酢に漬け込んで粗熱をとります。

あまり茹で過ぎない方がシャキシャキで美味しく仕上がります。

盛り付け

盛り付けはお好みで。

今回私は重箱に詰めましたが、大皿に盛ってもいいし、一人前ずつ小さいお皿に盛ってもいいですね。

私も今回初めてちらし寿司を作ったので、盛り付けは納得できる仕上がりになりませんでした^^汗

それでも家族でペロリと食べてしまうくらい美味しくできあがりました。

まとめ

最後に工程をまとめます。

1)お米を炊く

2)すし酢を作る(手巻きや、海鮮丼にもおすすめ)

米酢 50cc 砂糖  60g 塩 6g

3)トッピング用の具材を用意

・錦糸卵

・穴子の照り焼き

【合わせ調味料】
酒 醤油 みりん 各大さじ2
砂糖 大さじ1

・お刺身用サーモン

・人参、れんこん、きぬさやの飾り切り(すし酢に漬け込む)

4)盛り付ける

初心者には難しく感じてしまいそうなちらし寿司ですが、トッピングにこだわらなければ簡単にできるのでぜひチェレンジしてみて下さいね。

実際作っている様子を動画でみてみる!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

Comment

  1. とっても丁寧な作り方で素晴らしかったです。丁寧すぎて、ズボラな私に真似できるのか不安になりましたが。
    飾り切りの動画って、どこにあるのでしょう? 私、見つけるの下手なので、見つからなかっただけかもしれませんが。リンクがあったら、とっても嬉しいです!

    • みつみ より:

      ガッツかよめさん、嬉しいコメントありがとうございます^^

      飾り切りなしでも大丈夫ですが、できるようになると楽しいのでぜひチャレンジしてみてください!

      参考までにおすすめリンク貼っておきます。(見つけるの難しいですよね^^)

      人参の飾り切り(お花の型を持っている場合)↓

      いろんな野菜の飾り切り↓

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 毎日キッチンに立つのが楽しくなるブログ , 2020 All Rights Reserved.