子どもに伝えたい母の味と暮らしの知恵

子育てが辛い時期を過ごしている全てのお母さんに伝えたい事があります。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

今日は娘の5歳の誕生日です。

 

私もママ5年生になりました。

 

そんな記念すべき今日は娘と二人で思いっきりデートを楽しみました。

 

みつみ
そんな私も、過ぎてしまった日々を振り返ると、涙無しでは語れない!

 

私の子育て記録としてこの記事を残します。
備忘録ではあるけれど、きっと同じように悩んでいるママも多いと思うのでこんな人は是非読み進めてみて下さい。

 

この記事はこんな人におすすめ

◆子育てが辛く楽しめないママ

◆子育て好きじゃないの私だけ?と不安なママ

◆自分を好きになれないママ

 

5歳の娘の誕生日を心から楽しいと思い過ごせる幸せ

今日は思いつきで、保育園をお休みしました。

 

 

りかさん
保育園だもの、そんなこともあっていいよね^^

 

 

今は自由な働き方をしているんだ!

 

 

今日は私も仕事を休んで思いっきり娘と二人で楽しもう〜
(なんだフリーランスか〜と思わずに是非読み進めて見てくださいね^^)

 

 

といつもは車移動の我が家。

 

 

今日はとことん楽しむために、新幹線とバスを乗り継いでキャナルシティ博多までお出かけしました。
(お出かけ記事近日公開)

 

 

目的は、チームラボアイランドでとことん遊ぶ事でした^^

 

 

これまで真剣に子供目線で遊んだ事がなかった私。

 

 

今日は5歳になったばかりの娘のメガネをかけて遊びも、ランチも楽しんで見るという目的が実はママにはありました。

 

 

ゆうこさん
今まで絶対にそんな事考えなかったよね!どうしちゃったのかしら!!

 

 

乗り物のマナーを教えながら、時々写真を撮りながら、終始楽しいそうな娘を見ていると考え深いものがありました。

 

 

みつみ
あ〜〜〜〜っ楽しいな〜!幸せだな〜・・・涙

 

 

こんなに、子育てって楽しかったのかな?

 

 

娘っていいな〜

 

 

一緒にお出かけ楽しいな〜

 

 

としみじみ思うと共に、今まで私は娘のこと全然見てなかったな・・・

 

 

という切ない気持ちにもなりました。

 

 

私にもあった子育てが辛くてたまらない時期

私は子育てが得意じゃないのかな?
好きじゃないのかな?
ママなのに・・・

 

 

自分はいつも怒ってばかり、周りはみんな優しいママに見える・・・

 

 

別のお母さんの元に生まれてきた方がこの子は幸せだったのかな?

 

 

正直こんな風に思う時期もありました。

 

 

密着育児が辛くなり、家庭の事情もあり正社員で働き出したのが娘が2歳半の頃でした。

 

 

子育てと仕事の両立は案の定大変でした。

 

 

でも、やればできる!

 

 

そういう状況になれば出来ないことはない!

 

 

みんなやっているのだからと言い聞かせながら働いた2年弱。

 

 

働く選択をしたことで大切な大きなものを2つ失いました。

 

 

大切な子供との時間とママの笑顔です!

 

 

我武者羅に働いた2年弱私は心から笑っていませんでした。

 

 

常に娘に強く当たっては後悔する日々。

 

 

貴重な子供との時間も自分の思いとは裏腹に、イライラする自分・・・

 

 

 

どうやって子育てが辛い時期を乗り越えたの?

 

私は最近やっと気づいた事があります。

 

 

ママが悪いわけでも子供が悪いわけでもなかった!

 

 

娘が5歳になる少し前、子育てを心から楽しめるようになっている自分に気づきました。

 

 

私は子供が嫌いだったわけじゃなかった、子育てが苦手だった訳じゃなかった!

 

 

全ては、自分自身の心の余裕のなさが原因でした。

 

 

りかさん
きっとみんなそんなことはわかっている。
でも状況を変えられず苦しんでいるんだと思うよ・・・

 

 

みつみ
そうですよね。
その気持ちとってもわかります。

 

 

でも今はっきり思うことは、周りの環境を変えることはできない!
変えられるのは自分だけ。

 

 

私を救ってくれたのは、「主婦起業」という働き方でした。

 

 

主婦起業は子育てママと相性が良い!

将来のことを考え安定した正社員の道を選択したのに、自分の心が不安定になり未来も何もない状態でした。

 

 

1年前、私はブログを軸に収益を得るという働き方に出会いました。

 

 

毎日の通勤時間がなくなり、パソコン1台あれば場所を問わずにどこでもできる。

 

 

家事・育児・仕事のバランスがとても良いこの働き方に出会えたことで私は救われたなと思っています。

 

 

現在私は、在宅でブログ中心でお仕事をしています。

 

 

1年前には考えもしなかった心に余裕のある暮らしを実現できている事がとても幸せだなと実感した1日でした。

 

 

この一年で変わったのは、働き方だけではありません。

 

 

物の見方・考え方にも大きな変化がありました。

 

 

自分に自信がなくどうせ私には何も出来ない・・・

 

 

という超ネガティブ思考が、

 

 

人の可能性を信じる思考へと変化し、出来ないことはない。

 

 

自分の思いの強さは、自分も他人も動かずことを知りました。

 

 

こういう風に感じる事ができるようになった事で、子供との向き合い方も変わりました。

 

 

自分のために生きることの大切さも知りました。

 

 

ママの笑顔が家族をハッピにすることを知りました。

 

 

子供に胸を張れる生き方をしたいと思うようになりました。

 

 

気づけば「ブログ」は私の心を変えてくれていました。

 

 

まとめ

インターネットの進化で、今は誰でもネットでビジネスができる時代です。
情報は溢れています。

 

 

 

会社にとらわれずに自分で稼ぐ事ができる時代に生まれたのならば、最大限その恩恵をいただこう!

 

 

 

会社員のように安定していないけれど、確かに波はあるけれど「ブログを軸に主婦起業」という働き方は私にとっては確実にいい選択だったと胸を張って言えます。

 

 

 

ブログの世界は楽ではないけれど、とてもやりがいがある!

 

 

頑張った分は全て自分に返ってくるから、やってて楽しい〜

 

 

やらされている仕事じゃない!

 

 

自分の好きな事で収入を得る楽しさと、時間とお金に少しだけ余裕が出来たことで生まれた「大きな心の余裕」をありがたく感じながら楽しく子育てできる毎日に感謝し日々精進したいです^^

 

 

明日死んでも悔いのない毎日を・・・

 

 

これからは、娘のメガネをもっともっとかけて一緒に成長していきたいです。

 

 

ママはあなたが大好きだ〜♡

 

 

こんな記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 毎日キッチンに立つのが楽しくなるブログ , 2017 All Rights Reserved.