【実例集】68.1%のワーキングマザーが喜ぶリビングの片付け方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

 

あなたの夫は家事や子育てに協力的ですか?

 

168c392c2647927f59e31a274fd06782_s

 

現代、共働き世帯が半数を上回ったとも言われていますが、仕事に家事に育児一人で何役もこなしていませんか?

 

 

毎朝5時起き、お弁当の準備、旦那を送り出し、子供の朝食の準備、身支度

 

 

家を出る時間はほぼ毎日予定時刻を過ぎる。

 

 

バタバタ保育園へ送り、「急いで!早くして!」と連発しながらなんとか園を出る。

 

 

みつみ
ママ本当は言いたくないのに…

 

朝の通勤ラッシュ、遅刻しないか毎日ひやひや落ち着かない。

 

 

ようやく会社に着いたはいいものの、すでに一仕事終えた感覚で終業前からぐったり。

 

みつみ
誰か助けて〜

 

こんな状況で頑張って働いている

 

 

ワーキングマザーの割合、2015年過去最高の68.1%

 

 

という数字が出ています。

《参考資料》
[blogcard url=”http://www.nippon.com/ja/features/h00147/”]

 

 

共働きとなると、妻が一人で家事・育児をこなすというのは相当大変なことですよね。

 

私の経験から、家族みんなが片付けやすい、環境作りを考えてみました。

 

では、これから68.1%のワーキングマザーが喜ぶ、リビングの片付け方を紹介します! 

 

 

 

非協力的な夫を持つ家庭で、一人で頑張っていると泣けてきますよね…

 

5d0de2abd6a416ded92cac79124fa3eb_s

 

 

こんな風に思いませんか?

 

 

・一番の悩みは毎朝の準備と夕方帰ってきてからお風呂に入れるまでの慌しすぎる時間。

 

 

・ついつい感情で子供を叱ってしまい、罪悪感を感じることが多い。

 

 

・夫には子育ても家事も手伝って欲しい。

 

 

圧倒的に大きくなる妻の負担

 

99333f5636087ae6712e2315cf44f1ec_s

 

 

 

保育園を見ていると9割母親が送り迎えをしています。

※私が保育園を利用する朝7時半、夕方18時過ぎの時間帯を参考にしています。

 

 

前々から感じていましたが、共働き世帯では圧倒的に母親の負担が大きくなるのは間違いありません。

 

 

例えばこんなこと

 

毎日の送迎特に朝は何時に起きても時間が足りません。

子供が小さければ小さいほど、出かける前に予期せぬことが起こりますよね。

着替えたのに、牛乳こぼしちゃう。

持っていくために用意していたはずのものがいつの間にかなくなっている。いたずら…

出かける寸前のトイレ。しかもうんち…

病気の対応:朝は元気に登園して行ったのに、保育園から突然の呼び出し。

私の場合仕事柄、月末月初は忙しく、そんな時の呼び出しは正直、辛いものがありました。

予防接種:定期的にくる予防接種。

お休みが日曜日・祝日のことも多く中々病院に行くタイミングが取れないってこともありました。

そんな時は午前中お休みして連れて行きました。

歯の定期検診:我が家では、1歳半から歯の定期検診に半年に一度行っています。

仕事を始めてからは中々行けなくなりました。

だからといって行かないわけにはいきません。で・・・

平日仕事帰りに行くと、夜家に帰ってからがバタバタ…涙

平日の個人面談:不定期に入る個人面談。平日のお昼が殆どです。

夫が行けるわけもなく勿論早退して私が行きます。

 

 

我が家でもそうですがこれらのことって、母親が対応することが9割ですよね。

 

 

更に、朝の子供の準備 帰宅後から寝かせるまで一通り、これを夫がやっているという家庭は非常に少ないと思います。

 

 

特に朝は時間との勝負です。

 

 

大げさではなく、一分一秒を争います。

 

 

眉間にしわを寄せ、「早くしてよ」「ママお仕事遅刻しちゃうよ」と言いながらダッシュで行きたいのは山々ですが、

 

 

子供はそんなことお構いなし。

 

マイペースにご飯を食べ、食事に集中できず遊び食い…

 

 

ゆっくりゆっくり食べます。

 

 

飲み物をこぼしてみたり…

 

 

中々思うようには進みません。

 

 

ゆうこ
だんだん顔強くなってるよ…

 

 

今度は着替え、自分でできるようになるまでが大変ですよね。

 

 

お子さんによっては着替えにとっても時間がかかる子供もいます。

 

 

一人で頑張りすぎると育児ノイローゼになるから注意!リビングの片付けどころじゃない…

 

7c6ecb3f6160ccbdf211c08d8c1700aa_s

 

全てを一人でこなす母の気持ちってどんなでしょう。

 

 

ママといっても人間だもの。

 

 

毎日こんな生活を送っていたら疲れちゃいますよね。

 

 

体力や心の余裕がなくなると爆発しちゃいます。

 

 

心と体は繋がっています。

 

 

みつみ
私も夫の長期出張中にこんな経験をしました。

 

ゆうこ
爆発しちゃったんだね

 

 

 

一番やってはいけない状態になってしましました。

 

 

本当は情けなく言いたくありませんが…

 

 

いろんなことをいっぺんに頑張りすぎた私は、余裕がなくなり最悪なことに子供に当たり散らしました。

 

 

頭では理解していても、感情を止めることができない。

 

 

こんな感情は経験したことがなく戸惑いました。

 

 

仕事をしているときはいいのですが、家に帰るのが辛くなってしまった時期がありました。

 

 

かわいい我が子なのにすぐに感情的に怒ってしまう。

 

 

罪悪感に襲われる。

 

 

今日は怒らないと決めていても、自分の心とは裏腹に今日も感情的に怒ってしまった。

 

 

こんな日が1ヶ月弱続いていたように思います。

 

 

完全に育児ノイローゼでした。

 

 

本当は爆発する前に解決策をみつけましょう。

 

 

こんな状況も経験しましたが、その後、整理収納を学び実践する中で、住まいを快適にすることでこのような状況が変わるんだ!と感じました。

 

 

暮らしが変われば、家族間のコミュニケーションが変わる。

 

 

妻が働きに出るとなると絶対に一人では解決できない問題が出てきます。

 

 

長く仕事を続けるのは一番身近にいる家族の協力が必要不可欠です。

 

 

 

リビングの片付け方、なぜリビングは物で溢れかえるの?

 

 

IMG_9139

 

 

私の実家もそうですが、少し前までの日本の家は生活スペースがはっきりと別れていました。

 

 

居間、台所、キッチン、脱衣所、浴室、トイレ…更に客間

 

 

現在はというと…

 

ほとんどの家がリビング、ダイニング、キッチン、プラス1部屋(和室など)が一続きの空間になっている家が多いですよね。

 

 

リビングが1つの空間ではなく、リビング・ダイニング・キッチンが1つの空間になっています。

 

 

戸建ても、マンションもコンパクトに作られていますよね。

 

 

間取りはこんな感じ

 

58fe5279c697a48631b2a1b63a5a1eeb_s

 

 

客間もない家庭も多く、リビングでもてなし、寝泊りなんてこともありえます。

 

 

家事動線も多く、人があつまるリビングは放っておくと、どんどん物が増えやすい場所なのです…

 

 

そこで、1つ知っておくと散らかりにくいポイントがあります。

 

 

人が感覚的に物を置きやすい場所があるという事です!

 

 

その事を知っておくだけでも、片付けに対しての意識が全く変わってきます。

 

 

なんで片付かないの…(怒)

 

 

どこから手を付ければいいかがわからない…(涙)

 

という大きな悩みが解決しますよ。

 

では、

 

人はどういった場所に物を置きやすいの?

 

ソファーの上、テレビボードの上、テーブルの上、腰高のキャビネットやデスクの上などなど

ダイニングテーブルの上も、とっても危険!

 

 

あれ?

 

 

朝片付けたはずが…

 

 

テーブルの上には、雑誌や郵便物、新聞(若い人は取ってる人少ないですよね)子供のおもちゃ…

 

 

家族全員分のバックや冬場はコートがソファーにポイ…

 

 

は〜〜〜〜っ…

 

 

片付けても片付けてもすぐにリバウンド…

 

 

もううんざり…

 

 

早くこんな状態から抜け出しましょう。

 

 

必要な物だけを選択し、リビングの物の量は必要最小限に!

 

 

結論からいうと、

 

 

誰が見てもどこに何があるのかわかるようにしていると、自分も楽だし、夫や子供も協力しやすいでしょ!

 

 

忙しい朝に、あれ…?

 

ない、いな、な〜いっ…

 

 

探し物の時間はちょー無駄!勿体なさすぎる時間です。

 

 

リビングの片付け方をマスターして、ママのイライラを解消しよう!

 

 

まず、リビングにアクティブな物だけを置きます。

 

 

アクティブな物って?

 

 

アクティブな物とは基本的には毎日使っている物です。

 

 

物が集まりやすいリビングには、意識してアクティブな物だけを置く。

 

 

片付けも楽だよ〜^^

 

 

片付け方はと〜てっも簡単です。

 

 

グルーピングという方法を使います。

 

 

例えば、どこの家庭にも100%リビングにある物といったら

 

 

リモコン!TV・エアコン・オーディオ・DVDやブルーレイ

 

 

我が家にはリモコンだけで、なんと7つもあります。驚

 

 

で、我が家ではこんな風にグルーピングしています。

 

IMG_9104_1

 

 

TVを拭く液晶クリーナーもついでに収納

 

 

他には…

 

 

光熱費の明細書や家電の取り扱い説明書といった紙類も多いですよね。

 

 

我が家では、ファイリングした物をグルーピングしています。

 

IMG_9135

 

 

新品で買った洗濯機が1年間で5回も故障?不具合が置き時には、このグルーピングのおかげで私も夫もすぐに保証書を探し出す事が出来たので、さっと対応できイライラが半分ですみました。笑

 

 

もっともっとありますよ!

 

 

細かい物でいうと、爪切りや体温計、絆創膏…

 

 

こういった物も一つの引き出しにまとめてグルーピング。

 

IMG_9116

 

 

必要な時に誰でもさっと取り出せる事がポイントですね。

 

みつみ
う〜中身が気になるところですがスルーしてくださいね…笑

 

ようこ
イボコロリって…笑

 

 

以前はその辺に置いていたので、紛失する事が多く、体調悪い時に体温計がないと探し回っていました。

 

 

細かい物を収納する時のお役立ちアイテムがこれ!

 

IMG_8971

 

ニトリの整理トレーとバスケット。

 

 

リビング収納ではトレーを使いました。

 

 

この整理トレーは引き出しの整理収納にぴったりなので、キッチンで多く使われているようです。

 

 

我が家のキッチンでも大活躍しています。

 

 

そして、そして、リビングの収納に大活躍したのがファイルボックス。

 

 

私は今回無印で大量にこのファイルボックスを購入しリビング収納を使い勝手も見た目もスッキリさせました。

 

 

IMG_9028

 

 

 

以前、百均で同じような物を買いなんとなくまとめてはいましたが、やっぱりごちゃごちゃ感が半端ない…

 

 

という状況でした。

 

IMG_9054

 

 

みつみ
ぐちゃぐちゃで恥ずかし〜ぃ

 

 

スッキリしない収納を開けるたびにもんもん、イライラしていましたが今回こんなにスッキリ!

 

 

IMG_9111_1

 

 

収納も心もすっきり大満足。

 

 

かわいいマスキングテープに中身の情報を書き、誰が見ても一目瞭然!

 

 

ちなみに、マスキングテープなら中身が変わって張り替えたい時にも綺麗に剥がれるのでとっても便利です。

 

 

我が家のリビング収納は隠す収納ですが、開けた時にごちゃごちゃだとテンションガタ落ち、物の場所もわからないようじゃ片付けた事にはなりません。

 

 

きちんと必要な物だけを選択し一緒に使う物をグルーピング。

 

 

最後に使う頻度を考え、定位置を決めて完成!

 

 

やってみるとと〜ても簡単です。

 

 

ぐちゃぐちゃした物はファイルボックスで隠しちゃいましょう。

 

 

リビングに子供スペースを作り、おもちゃを片付けやすい部屋にしよう。整理収納を通して、子供の自立を促そう!

 

 

img_8164

 

 

子供も含め自分の事は自分でしやすい空間作りをする事で、家族みんなに片付けに協力してもらい、習慣化できたらママはとっても楽になりますね。

 

 

上の写真は我が家ですが、うちの場合リビングと隣り合わせの部屋に子供スペース(子供部屋)を作っています。

 

 

子供スペースを上手に作るポイントは、子供立会いのもと、必要な物の選択(おもちゃの選択)、グルーピング、定位置決めをする事です。

 

 

自分で行うことで、使ったものを定位置に戻す行為が自然に身につきます。

 

 

自分で決めた事は、子供はしっかり覚えています。

 

 

1つだけ定位置に戻す工夫として、おもちゃの写真を定位置に貼っておきましょう。

 

 

 

[blogcard url=” https://kokoro-smileroom.com/kidsroom-syuunoujyutsu/”]

 

 

 

子供が大きくなるにつれて、親としては早く子供の自立を促したいと思ってたりしませんか?

 

 

みつみ
整理収納を通して、お手伝いを自然に習慣化しちゃいましょう。

 

 

 

毎日の生活の中に、自然に整理収納する機会を作ることができるとしたら…

 

 

例えば、お洗濯をたたむ作業と次の日の保育園の準備を自分でやってもらいましょう。

 

 

個人差はありますが、年少さんにもなるとお手伝いに興味を示す時期が必ずやってきます。

 

 

その時期を見逃さずに、しっかりお手伝いすることを習慣化しましょう。

 

 

我が家では、カゴを2つ用意します。

 

 

1つ目のカゴには、次の日の準備済みの保育園リュックと着替え防寒着一式を入れます。

 

 

保育園の翌日の準備は帰ってきて速攻取り掛かります。

 

 

もう一つのカゴには、娘の分の洗濯物を入れておき様子を見ながらたたんでお手伝いしてもらうよう促します。

 

 

これを毎日の習慣にしています。

 

 

みつみ
子供にも協力してもらいたいもの!

 

子供スペースのすすめと心理的効果

 

img_8155

 

園児のスペース作り

幼稚園に入園すると、お絵かきをしたり、工作をしたりと机に向かって作業することが増えてきます。そうすると家でも同じことを始めたりしますよね。そんな時は、作業ができる・遊ぶことができる・片付けができる場所を用意してあげてはいかがでしょう。子供は自分の居場所ができたことで安心環を覚え、落ち着いて作業ができるようになります。お片付けをキチンとし始めるのもこの頃。机や棚を用意するときに、片付けしやすい環境を同時に作ってあげることで、整理整頓ができるようになりますよ。箱や引き出しにそのまま入れるのではなく、棚にきちんと見えるように整えてあげましょう。子どもは自分のスペースと分かれば綺麗にしようと思うもの。環境がきちんと整えば、集中力もついてきます。年に2回は、大人が整理してあげてください。引用:ドクスピールHPより

 

 

リビングの片付け方をマスターし、ママへのメリットを体感しよう!

 

 

lgf01a201405230800

 

リビングの片付け方をマスターすると、メリットがたくさん。

 

夫の協力が得られるようになる。

 

子供が自分のことは自分でできるようになる。

 

朝晩の慌ただしい時間にゆとりが生まれる。

 

イライラが減り、家族のコミュニケーションが増える。

 

家事の時短になり、時間に余裕ができる。

 

気持ちがスッキリ。心にも余裕ができる。

 

家族の笑顔が増える。

みつみ
眉間のシワも減り若返りますね

 

更にこんなメリットも…

 

家に人をよびやすくなる。

 

来客が怖く無くなる。

 

 

リビング片付け方まとめ

 

 

68.1%のワーキングマザーが喜ぶリビングの片付け方を紹介してきました。

 

 

時代背景もあり、共働き世帯が半数を大きく上回る時代です。

 

 

子育て・家事の悩みを一人で抱え込まないで。

 

 

家の中の整理収納を通して、家族が家事に協力しやすい環境を整える事で、ママの負担を減らしましょう。

 

 

仕事から帰ってきた時、散らかった部屋と整理収納が整った部屋では、家事に対するやる気も、気力も変わってきます。

 

 

どこから手をつけていいのか変わらない程、散らかりすぎてしまった部屋は片付けに取り掛かるにも気合が必要です。

 

 

毎日自然に片付けたくなる部屋作りを目指しましょう。

 

 

自分の時間も少し増え、心にも余裕が生まれてきますよ。

 

 

最後に物と向き合うこと!

 

物を買うときに本当に必要か?

 

 

代用できる物はないか?

 

 

よ〜く考えてから買うように心がけるといいですね。

 

 

『買う』『もらう』よりも、『捨てる』『手放す』ことの方がとっても難しいことに気づいて欲しいです。

整理のポイント

1、所有の意味を考える→ものの本質を知る 『残す?捨てる?』

(なんの何のために整理するのか)

2、グループ分け

3、定位置決め

4、指定席の完成

この作業を繰り返すだけです。

 

あとは家族で協力して定位置に戻すことを習慣化しましょう。

 

 

みつみ
めちゃくちゃ簡単

 

なんのための、誰のための整理なのかゴールを明確にし、そこに少しの工夫を加えるだけです。

 

整理収納することが目的ではなく、その先にどんな環境や生活を望むのかが一番大切ですので、

 

 

目的をはっきりと決めてから取り掛かりましょう

 

この記事が整理収納を通して、あなたの暮らしをより快適に心地よい物にするキッカケになると嬉しいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食と暮らしのdiary , 2017 All Rights Reserved.