【食材の冷凍方法】ヒルナンデスで冷凍先生が驚きの方法を紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

ヒルナンデスで、冷凍先生こと(東京海洋大学教授 鈴木徹先生)が正しい食材の冷凍方法をお話しされていたので紹介します。

お肉やお魚はちょっとびっくりな方法で保存するようです。

さっそく実践してみました!

生肉の正しい冷凍方法

 

【オイルコーティング&トリプルラップ】

  • お肉の表面全体にオイルを振り膜を作ります。
  • サランラップで1枚ずつ包みます。
    (1回目は空気が入らないようにしっかりと巻く。2・3回目はふんわりと。)

【解凍】

凍ったまま調理します。

みつみ
冷凍する時にオイルを塗っているので焼く時の油は不要です!

 

豆知識

なんと、プチプチで包むと美味しさアップ!←梱包する時に使うやつ。

サップより乾燥・酸化を防ぐ効果があります。

 

生魚の正しい冷凍方法(切り身ではない、一尾のもの・貝類・えび等)

みつみ
個人的に初めて聞く冷凍法でした

【氷漬け冷凍】

  • 保存袋に洗った魚を入れ、そこにお水を入れて冷凍(なるべく平らにして保存)
  • 解凍時は流水で、時間をかけずにさっと解凍し酸化しないうちに使いましょう。

 

みつみ
買ってきたままの状態(パックのまま)で冷凍するのはGN
お魚とパックの隙間に空間があるので乾燥や酸化の原因になりやすい。

 

  • アサリやシジミも同じ方法で冷凍(保存容器に入れ水を入れる)
  • 解凍時は凍ったまま調理

 

みつみ
そのままお鍋(フライパン)で酒蒸しに
時間をかけて自然解凍しないのがポイント
なんと、貝類の保存期間は3ヶ月!

 

きのこの正しい冷凍方法

【穴あけ冷凍】

  • きのこを保存袋に入れる(密閉しない)
  • 保存袋に穴を開ける(ピックなどを使う)
  • さらに新聞紙で包むんで冷凍

 

豆知識

みつみ
きのこは、是非冷凍しよう!

 

乾燥すると酵素が働き旨み成分が作られ、そのまま食べるよりも美味しくなるようです。

新聞紙に包むことによってゆっくり凍らせることがポイント!

 

 

お野菜の冷凍方法

トマト

  • ラップに包んで丸ごと冷凍
みつみ

皮に多く栄養が含まれているので、解凍した時はすりおろしてトマトシチューがおすすめ!

 

玉ねぎ・ブロッコリーの正しい冷凍方法

  • 洗って水気を切り、使いやすい大きさに切って、そのまま冷凍。
空気を抜きながら保存袋の口を閉じる。
野菜は凍ったまま調理できます。

人参も同じ方法で保存できますね。

 

まとめ

今日は、ヒルナンデスで冷凍先生こと(東京海洋大学教授 鈴木徹先生)が紹介していた、食材の正しい冷凍方法を紹介しました。

私はお肉の冷凍方法完全に間違っていました。
トリプルラップに関しては、忙しい主婦にはちょっとな〜と思うところもありましたが、使う予定がなく保存期間が長い時にはやろうと思いました^^

きのこやお野菜は冷凍することで、時短にもなります。

みつみ
きのこはよく野菜室で白くなっていたり、ブロッコリーもいつの間にかお花が咲いていた・・・なんてことともさよならできそうです^^

 

ちょっとした工夫で、食材を無駄にすることなく、美味しく保存できることを学びました。

冷凍先生ありがとうございました^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2019年は食を見直す1年に!第二子妊娠を機に「食」を見直しました。 結婚10年目、ママ6年生!アラサー。 毎日のご飯を見直したら、お料理苦手な私がキッチンに立つのが楽しくなりました。 今更ながら料理を一から勉強し「子どもたちに母の味を伝えたい」という思いでブログをリニューアルしました。 母の願いは、娘が6年生になったとき、このブログを読んで一人でキッチンに立てるように育てることです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 食と暮らしのdiary , 2018 All Rights Reserved.